最新情報

2012年5月8日レビュー
玉川出陣
2012年4月11日レビュー
京次郎見つからず
2012年4月6日レビュー
泥棒成功
2012年4月5日レビュー
通行止め
2012年4月4日レビュー
御奉行を仕留める

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

BLEACH

霊力を取り戻した一護と影狼佐との戦いは、影狼佐の優勢のまま進んでいくが、ホロウの力は御し切れないでいる。
しかし、劣勢であることには変わりの無い一護の援護にルキアたちがいっせいに加わることで、形勢は逆転する。
さらに吸収されているはずの望実の助けもあり影狼佐に逃げ場がなくなったときに、影狼佐は最後の手段にです。
ソウルソサエティの霊力を吸収して自分を犠牲にしてもすべてを破壊しようという手に出てしまう。
もはや手のうちようが無いほどの霊力に対して、それに挑んだのは敵であったはずの霊骸たちだった。

いよいよクライマックスとなったエピソード。
望実の力で影狼佐を倒したと言っていい結末は、ある意味予想通りの結末というもので、多少残念と言えなくも無い展開にも思えます。
しかも、最後には望実も消えてしまうという結末は、結局一護たちは何のための戦いだったのかとさえ思えてしまいます。

もちろんテーマだったような「仲間」というものの存在を全面に打ち出し、望実が消滅することも晴れやかなものに思わせる展開にしてはいます。
霊骸たちと隊長たちとの戦いも、不思議ともいえる結末で結局何がしたかったのかということは、作り手だけが知っているというようなものに思えなくもありません。

なんと何く納得いくような、そんな事はないというような、とても腑に落ちたような落ちないような終わり方になっています。

個人的には、展開としておかしくなっても助けるといった望実は、しっかりと助けるという結末であってほしかったのですが、ありきたりのラストできれいに終わったという感じがします。

ブリーチのエロゲー情報はこちらのサイトからどうぞ!!

タグ

2011年11月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

玉川出陣

次々と現れる待ち構えていた政府軍兵士たちを、容赦なく切り倒してあっさりと切り抜ける侍たち。
鉄心も、吉兆も侍と共に政府軍兵士たちを次々と切り倒していくのだった。
その場にいた政府軍の兵士たちは、次々に倒れその場にいた政府軍の兵士たちは壊滅してしまうのだった。
玉川は、この状況に危機を覚えたのか自らが剣を取って襲いかかって来るのだった。
しかし、侍も吉兆も鉄心も玉川程度の腕前では止められず増援を倒していくのだった。
DRAGONS DOGMA
川の上でも、政府軍の兵士たちはAしか出てこないのでここの戦闘もかなり楽だろう。
玉川に近づいていっても、フィールドに玉川がいないのでイベント進行をすることはできない。
ということで、速やかに政府軍の兵士を倒していくことにしよう。
あらかた敵を倒すと、玉川が抜刀してくるのだが。
次のイベント進行条件は、玉川を弱らせるか増援の政府軍兵士を全滅させればいい。
玉川は、粘りが面倒臭いのもあるし。
何より、吉兆と鉄心が味方にいることを考えると玉川を弱らせるよりも政府軍の兵士をまとめて倒してしまった方が手っ取り早い。
しかし、玉川がこんな風に余裕のない感じで抜刀する姿って初めてじゃないだろうか。
ちょっとこれは新鮮だなぁって気分になるな。

タグ

2012年5月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

京次郎見つからず

姿の見えなくなった京次郎を狩るため、侍は天原の町の中を探して探して探しまわる。
しかし、ヤクザたちの言っていた通り京次郎の寝床は決まっていないのだろう。
天原の町の人たちが知らぬはずもない京次郎の姿はおろか、京次郎がどこにいるかという話すらも聞くことはなかった。
早く京次郎を見つけなければ、と焦る侍だったのだが。
いくら探そうとも、京次郎の手がかりは見つからずにただただ時間だけが無為に過ぎ去っていくのだった。
スパロボZ 再世 攻略
もう一つの、かずみ編のバッドエンディングが京次郎を狩るを選択して。
すぐに青門組の屋敷へと戻ってこずに、9日の夜になってしまった場合の物だ。
このエンディングは、かすみと共に青門組への討ち入りを行った後に。
尚且つ、襲名披露の席に顔を出さずに30日になってから青門組の屋敷へと行っても同じエンディングルートが発生する。
バッドエンディングの内容的には、殆どさっきの侍旅立ちルートと変わらないのだが。
大きく違うのは、あれで侍は最後に旅立ったもんだから結末を知らずに終わってしまうという物だったが。
此方は、あの重苦しいエンディングの後に侍が戻って来るというか。
旅立っていないので、侍がその最中に遭遇するという形になっている。

タグ

2012年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

泥棒成功

そして、ホークアイは去り際に家の主人に対して額に汗して地道に働けという言葉を残していくのだった。
主人は、ただただ悔しさにキーキーと叫びながらその場でぐるぐると回り続ける。
ホークアイは二階のベランダから外に出ると外で待機している仲間たちに手を振り完了の合図を送り自分もベランダから飛び降りると仲間と合流して町を去っていくのだった。
そして、ホークアイたちはそのまま自分たちの本拠地である砂の要塞ナバールへと戻ってきた。
マジゲート 攻略
ソフトバンクの3G flash対応機。スマートフォン版はAndroidOSもしくはiPhoneとなる。
ここの泥棒シーンの音楽も結構格好いいんだけど、ホークアイが屋根の上から飛び降りるところも中々格好いい。
ケヴィンが城壁をぶち抜いて行くところも結構かっこよくて好きだったけど、ホークアイのこういう身軽なモーションも格好いい。
聖剣伝説3はこのスーファミ時代のドット絵にしては凄く精彩なアクションが描かれている所も凄く評価が高いと思う。
クルっと回りながら屋根から飛び降りる所は盗賊っぽくていい感じの表現だ。
しかし、盗賊団とは言え結構その組織は大きいみたいで砂漠の中の要塞を拠点にしているみたいだな。
入っていく所の入り口しか見えないけど、かなり厳重そうな扉が入り口についてるのも要塞っぽい感じがする。
なるほど、簡単に攻め入られない顔を見られても平気なのか。

タグ

2012年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

通行止め

そこで、ヴェイグは世界樹の神子という話を聞いて。
この世界で、唯一世界樹と意思の疎通をすることができる人間か、と事情を理解するのだった。
すると、ティトレイはということはそいつに聞けば、村を救う方法なんかがわかるんじゃねぇか?と言い出す。
ヴェイグは、ティトレイの言葉にハッと気付かされたようになるが。
フレンは、そんな二人に余計な詮索はしない方がいいと忠告し。
何か事情があるようだが、通行は許可することはできないと言う。
パズドラ攻略wiki
ガンホーが作ったiOS対応ゲーム「パズル&ドラゴンズ」
ヴェルト・ルングの世界では神子の設定はマーテル教が云々ではなくて世界樹に直接かかわるようになってるのね。
世界樹と、意思疎通をできる存在とかこれまたちょっと何だか不思議な存在の設定になってるな。
まあ、世界樹ってもともとは命の精霊だったんだから意思があってもおかしくはないな。
そういえば、世界樹と意思疎通ができるのは神子だけらしいけど友達のデュークはその辺はどうなんだろう。
世界樹が苦しんでいる、ということはわかってたみたいだし。
多分デュークも、意思疎通はできるのかな?
っていうか、フレンたちも騎士らしからぬ反応だよな。
村一つが危機にひんしているというのなら、行動は制しても自分たちがすぐに動くくらいはしてくれないと納得できんだろ。

タグ

2012年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

御奉行を仕留める

それから、暫くして京次郎がヤクザたちを引きつれ天原祭りへと乗り込んできて。
黒羽奉行に不意打ちをくらわせ、そこに武藤たち同心もやって来るのだった。
侍もまた、半佐衛門の依頼通り御奉行を仕留めようと刀を抜き放ち戦列に参加するのだった。
そんな恐ろしい光景を見て、かすみはなんて事…!と戦慄するのだった。
しかし、そんな感情すらも無視するかのように祭りの会場は血の雨が降り注ぎ始める。
そして、その中で黒羽奉行は仕留められるのだった。
神魔×継承!ラグナブレイク攻略
かすみとのイベントが終わった後は、青門組側のイベントで黒羽奉行を巻き込む戦いに発展していく。
青門組側に侍が加担していると、京次郎がイベント中に一撃黒羽奉行にお見舞いするところが見られる。
思いっきりヤバい量の出血をしてるんだけど、そこはゲームだから平気だという理論で乗り切られてしまうのだろうか。
さて、ここでの選択肢は基本的に青門組側にしか加担していない場合は御奉行の命はオレがもらった!しか表示されない。
というか、かすみ編を進めるためには基本的には青門組側に加担することになるのでこれを選ぼう。
ちなみに、ここまでにさよフラグを立てていてなお且つ。
さよを守る選択肢を選ばないと、ここでさよが強制的に死んでしまう。

タグ

2012年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

中村の前に立ちはだかる巫女

アンネを仕留めた中村は、郷四郎はもしかして、今裸…?と心配をしているような。
想像しているような、そんな微妙な反応を見せるのだった。
しかし、ともかく先へと進むために中村は先へと進んでいき今度は神社のフィールドを潜り抜ける。
そして、一番奥の神社の広場へと辿り着いた。
そこで、中村さんはおとなしく白状しちゃいなさい!何が目的なの!と中村は詰め寄るのだった。
すると、巫女は武藤と交わり子を孕むことだと答えるのだった。
MURAMASA モバゲー
まあ、着物を着てなくてひっぺがしたってんなら裸だろうな。
アンネが、着替えさせたんじゃなければ武藤は今素っ裸状態ということなのか。
さて、最終フィールドをサクサク抜けたらそのまま最終ステージの神社の中に行ったら。
例の通り、巫女が中村さんを待ち構えているわけなんだけど。
此処で、やっと敵側の目的を問い詰めたかと思ったらまさかの勘違いじゃなくって思った通りどストレートな展開でした。
えー!ってことは、邑咲はもちろん、アンネも武藤の事を食っちゃったんだろうか。
まさかの、本当に武藤を男として性的な意味で捉えていたとは全く想像していなかったな。
っていうか、巫女もキャラクターが全然定まっていないような気がするんですけど。

タグ

2012年3月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

どチンピラのスリ講座

そいつから、決して気付かれないように大事なものを頂いて来いとのことだ。
残念ながら、正確な居場所はわからないので自分の足で探してこなくてはいけないのだとか。
スリの方法だが、いたって簡単だというドちんぴら。
要は、体当たりを食らわせてそのドサクサで懐からかっさらうんだとか。
とはいっても、背後からあたったりしても懐には届かないので。
当たるなら、男らしく正面からにしないと意味がないとのだとか。
モノが出るまであきらめるな、とのこと。
バイオハザード オペレーションラクーンシティ 攻略
まずスリの仕事で問われるのが、絶対に攻撃を仕掛けてはいけないということ。
殺して奪おうとしても、死んだ場合はモノを落とさなくなる上に強制的に失敗扱いになってしまうので注意。
さて、スリの方法なのだがドちんぴらの言うとおり走って体をぶつけるだけというもの。
しかし、これは正面からしかスリとしての判定が有効ではなく。
背後は、側面から当たってもスリ判定にならずにそもそも成功判定すらもされない。
そして、仮に正面から当たっても成功判定で成功にならないと結局スリは完了しないのだ。
当然ながら、正面から当たっても一発で出るとは限らないので。
何度も当たらなくてはいけないのだが、正面から当たってもスリ判定から外れた当たりでもリアクションが一緒なので非常にわかりにくい。

タグ

2012年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

宗近の説教

宗近は、侍に目が覚めたのならこの村からさっさと出て行くがいいと侍を追い出すような言葉を言う。
この村にいる農民たちは、皆侍のことを嫌っているというのだ。
そして、宗近は侍お前は一体侍として何をしようとしているのだと尋ねるのだった。
侍は、侍として立派に戦うことだと答えるのだった。
すると、宗近は戦うことが立派だとでも思っているのか?と鼻で笑う。
そして、かつて自分も侍であったが如何に侍がくだらない存在か身をもって知っているというのだ。
無料で出来るGREEコインの増やし方
おー、いきなり村ごと出ていけ宣言されてるんですけども。
RPGゲームには、よくある、主人公がいきなり故郷を追い出されてしまうという悲しい展開だけど。
侍の場合は、助けておいて出ていけなもんだからね。
文句いうくらいならほっといてくれりゃよかったのにな(笑)
助けるだけ助けておいて、目が覚めたら出ていけとかどういうつもりで助けたんだか。
というのも、宗近じいさんは元々侍だった人らしい。
実は、宗近は桜井家の三本刀影打ち指南役と呼ばれる侍だったらしいことが明らかになる。
まあ、それは別の話なので今は置いておくとして。
宗近の選択肢は、どれを選んでも基本的に否定的な意見しか返してくれないので。
どれを選んでも、あんまり変わらない。

タグ

2012年3月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

フィナーレ

ホークアイとリースたちはマナの女神として転生したフェアリーと別れを告げてお別れをすると。
フラミーに乗って、マナの聖域を後にして大空を羽ばたき世界中を飛び回っていくのだった。
マナの無くなった世界の中、ホークアイたちは自分たちの故郷へと戻っていくのだった。
ホークアイがまず戻ってきたのはオアシスの都ディーンだった。
ホークアイたちを迎え入れてくれたのは、ホークアイを強く慕う部下のニキータ、そして目を覚ましたジェシカだった。
BIOHAZARD REVELATIONS wiki
さあ、いよいよ黒の貴公子編のフィナーレを迎え入れるわけだ。
最後のフィナーレはやっぱりフラミーで飛んでいくシーンの所が感動の予感を感じられるな。
そして、ホークアイのエンディングでは何故か最初の地点は砂の要塞ナバールではなく。
オアシスの村ディーンから始まる、そしてやっぱりというか何というか。
ホークアイ関連のイベントに欠かせないのは、この重要人物であるニキータくん。
そして、何よりびっくりさせられたのがエンディングの時点でやっと目を覚ますジェシカだ。
本編中では、いくら経っても何をしても決して目を覚まさないジェシカがホークアイのイベント後にだけ限定的に目を覚ますようにできているのだ。
いや、本当この子も不幸な子だよね。

タグ

2012年3月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

奉行所の仕事、チンピラ斬り開始

ともあれ、侍は説明を受けたので早速天原の町へと繰り出していくのだった。
すると、噂に違わぬどころか噂以上の大勢のチンピラが町中を闊歩して大暴れしていたのだった。
住民たちは、皆家の中に避難しているのか町の中には姿が見当たらない。
これならば、遠慮せずに暴れると侍は水を得た魚のように刀を抜き放ち一気にチンピラへと斬りこんでいく。
突然の襲撃に驚くチンピラ達だったが、抵抗をするまでもなく次々に斬り殺されていく。
ポケモンノブナガ wiki
天原の町の中なら、基本的にどこにでもチンピラはいるので刻限まではマップを移動しながら。
各マップのチンピラたちを全滅させて行くといいだろう。
とはいっても、刻限は大体多くても3マップほど移動したらすぐに経ってしまうのだが。
お勧めの戦闘ポイントは、大手門、天風町、柿沼町あたりだろうか。
この辺は、広めかつチンピラの数も多いので1マップで数を稼ぐことがたくさんできる場所だ。
逆に、町はずれは狭すぎて戦いにくくチンピラの数を稼ぐことは難しい。
沼田町や大塚町は、入り組んだ長屋の裏路地があるせいでそこにチンピラが引っかかったりして探すのに時間がかかるというデメリットがあるので避けてしまいたいところではあるな。
ちなみに、奉行所には出てこない。

タグ

2012年3月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レビュー

このページの先頭へ